今どきの人は国民総眼精疲労!?

今どきの人は国民総眼精疲労!?

近頃スマホを触る機会が増え、長い時間画面を見ていることで目に違和感を覚えます。

 

先日、眼精疲労の症状であるということが分かりました。眼精疲労から肩こりや頭痛につながってしまうようです。
目がショボショボになった時の対策として、わたしは眼精疲労に利くツボを押しています。ツボの名称は晴明と言い、目頭の横のくぼみを挟み込むように押すのですが、そうするとこれが一番効果があり目の疲れがスッキリします。
私は現在トラックドライバーをしていますが、20代の目の見え方と今の見え方は明らかに異なります。

 

 

 

遠くにある看板を20代では見えていましたが、今では遠くの看板はボヤけて見えてある程度近くによってこないと見えなくなりました。

 

ですから運転中は目が疲れます。目の疲れに対応する手段は休憩や余った時間などを利用して「温かくアイマスク」を使用してします。

 

これが疲れ目には効いて、気持ちよくなります。

 

 

 

最近、若い女性のメイクアイテムとして欠かせないのがカラーコンタクトです。

 

 

ナチュラルでも派手目のメイクでも今ではカラーコンタクトがとても重要なアイテムです。カラーコンタクトを装着する上で、特に気になるのが目の乾燥。通常のコンタクトよりもレンズが厚く酸素透過率が悪いため、装着時間は必ず守りましょう。また、視力が良い人も使う場合があり、お手入れの知識がなく管理が行き届かないため不衛生で結膜炎等になる場合もあります。

 

取扱説明書をよく読んでから使用する事が適切なアイテムです。

 

PCやスマホの浸透で毎日目を使い過ぎてしまいがちです。

 

気づかない間に目に疲れをためている人もひどく眼を疲れさせている人もそのままにしておくと視力が下がったり、放置すると、視力の低下、頭痛、肩こりなど身体の様々なところに影響をもたらすほどです。そして、女性の場合は、血行不良や目の下にクマが出てしまうなど、美容の点からも気になる問題です。眼の疲れを感じたらでは遅いのです。
自身の体が悲鳴をあげる前に意識して眼を休ませる事がたいへん大切な事なのです。目の健康に関して、現代の人は注意をしなければならない状態になっていると思います。
理由はスマホに依存している方が非常に多いからです、しかも無意識のうちにです。当然のようにスマホを使いこなしている現代人は症状に気付かずに目がどんどん悪くなっていきます。
さらに昔と比べると自然も少なくなっており、パソコンやスマホばかりに目を向けることが増えたので、目の状態は悪くなるばかりです。

 

今やだれでもパソコンやスマホを持っている。
コンタクトも身近に簡単に手にするようになり、間違った使用方法で眼精疲労に限らず目のトラブルは増加しています。

 

デスクワークで酷使した目は1時間に10分は目を休ませたり温かいアイマスクを使用する事で楽になります。そしてスマホなどから発せられる画面の光はスムーズな眠りを導くためには就寝前の使用は控えた方が良いでしょう。

 

 

目が冴えてしまい眠りにくくなります。

 

目の疲れには、肩こりや頭痛、吐き気といった重たい症状や、軽い症状では疲れ目や、ぼやけ、かすみなどありますが、しかし肩こりのほとんどは、首や肩の血行不良が原因と言われています。

 

 

 

頭を支える筋肉のこわばり等により凝ってしまう場合が多いようです。
また、肩甲骨のあたりが張ると頭痛を引き起こすので、肩甲骨周辺のストレッチは大切です。

 

肩甲骨周りのストレッチは重要です。

 

固まった首筋の筋肉をほぐし血の巡りを良くしましょう。

 

最初から目は良い方なので、今まで目の病気や見えなくなるといったことは想像していませんでしたが、このごろはパソコンやスマホの画面を長時間見ることで、目が疲れる経験が増えました。近々老眼鏡が必須になってくる歳ですができるだけ今の視力を保つために長い時間画面を見続けることは避けて、妥当な間隔で、軽く目を閉じたり、遠くの風景を見ることを意識しています。
簡単に出来ることばかりですが、これでも効果があるようです。パソコンなどのデジタル端末を日常的に使っており、眼精疲労に悩む方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

現代病でもある眼精疲労ですが、目の充血やかすみ目といった症状の他にも、頭痛や肩こり、吐き気などの重い症状も引き起こすことです。

 

そのようにならないように睡眠時間を長くする、こまめに休憩を取って固まっている体をほぐす、などして気を付けることが大切です。目を健康に保つには、自分の目が病気、トラブルを持っているかを理解しておくことが重要です。
私はコンタクトレンズを使用していますが、購入するときに毎回目の検診を受けています。眼科検診では目の異常やトラブルがないかを確認してもらえます。また、度数が合わないレンズを使用することで眼精疲労も引き起こします。
定期的に眼科検診を受けることで、目の健康に気をつけるようにしています。