簡単、爽快、目の疲れをとる方法

簡単、爽快、目の疲れをとる方法

 

目の疲れのとり方いろいろ!

まばたきをすること!

 

人間は極度に集中したり仕事や勉強に熱心に取り組みすぎると、ものをよく見ようとするあまり瞬きせずドライアイになりがちです。
そんな時は一度瞬きをして涙腺を刺激し、涙で眼球を潤すことでドライアイの防止にもなりますし、目の疲れも取れやすくなります。これは簡単に誰でも出来るし基本中の基本である疲れのとり方です。

 

遠くの景色を見ること!

 

よく言われていますが、遠くを見る事も目の疲れをとるのに効果的とされています。
人間は近くを見続けていると目の終点距離というものが近くに固定されてしまうので同じ焦点距離ばかりでものを見ていると目は疲れてしまいます。そんな時はたまに遠くを見ることで焦点距離を適度に調節し直し、目の周りの筋肉のマッサージにもなります。
他にも目の周りを温めるという方法があります。この方法はみなさんもよく行っているかも知れません。眼球やその周辺の筋肉はものを見ることによって神経や筋肉が疲れます。そんなとき目の周りをホットアイマスクなどで温めてあげることによって、筋肉などをほぐして血行をよくするような効果があります。

 

ブルーライト軽減について

 

ブルーライトとは人間の見える光の中で網膜まで届くようなエネルギーの強い光のことを言い、昨今テレビや携帯のスクリーンに用いられているため、長時間そのライトを見続けると目は疲れてしまいます。そこでブルーライト軽減のメガネや保護シート、アプリなど様々な軽減グッズが出てきています。それらを用いることで目の疲れは和らぐかも知れません。